個人フットサルの良いところ4選

個人フットサルはもちろん、会社の同僚と行ったり、フットサルサークルに参加したり、スクールに参加したり、とフットサルを行う方法は結構色々とあります。
その中で個人的に個人フットサルはここがいいなと思ったことを 4つあげさせて頂きます。

・1人で行ってフットサルができる

これが1番良いところです。自分が空いた時間に個人フットサルが開催されている場所があれば、そこに行くだけでフットサルができます。
コートの予約や人集めなど、やってみると分かりますが、ものすごく時間も労力も取られます。
それを一切せずにフットサルができる点が良いなと強く思います。

・緊張感がある


個人フットサルはその日に集まった人同士でやるため、基本は初めまして、からのスタートです。
やはり今日初めましての人同士でやるのは当然ですが緊張感があります。自分も経験上、個人フットサルの時は自分のミスや失敗で他の人に迷惑をかけたくないなとすごく思います。
あまり周りを気にしすぎるのは良くないですが、やはり適度の緊張感は自分のレベルを良く理解できますし、メンタルを鍛える意味でも大きな効果があると思います。
自分は個人フットサルの緊張感に耐えられるようになってきたら、会社外の講座とかも緊張せずに行けるようになりました(笑)

・他の人のフットサルをじっくり見れる

自分のチームが休憩の時間に他のチームの個人フットサルがもちろん見れます。
他の人のフットサルのプレーをマジマジと見れる時間はこの時ぐらいなので、自分は見る位置をどちらかのチームゴール後ろから見たりして、こう突破されたとか、こんな形で守る方法もあるんだとか見てたりしてます。
基本的にはボールを持っていない人がどう動いているかを見たいので、動きが上手な人をずっと追いかけて見ています。
チームで大会に出場したりすると、そこまで細かく見る余裕はなかったりするので、個人フットサルは他の人のプレーをじっくり見れて、勉強できるのが良い点です。

・いろんな人とプレーできるので経験値を積める

個人フットサルは毎回違う人、違うチームとゲームをするので、求められる動きが毎回変わってきます。
その場での臨機応変な対応が求められるのは、もちろんですが、どんな人、どんなチームであっても毎回必ず求められる動きもあったりします。

自分は個人フットサルに参加する時は、毎回必ず求められる動きを重点的に探したりしています。それを理解して動けるようになると自身のレベルアップを実感できます。

他の人の動きを把握できるよう視野を広げたい、パスをもらう位置を研究したい、ドリブルのキープ力をあげたい、なとそれぞれの目的をもって個人フットサルに参加すると、より効果的な時間にできるかなと思います。

以上です。
今回は個人的に思う個人フットサルの良いところを書かせて頂きました。
個人フットサルに1人で行けるようになった後は、自分の経験値を伸ばすのに個人フットサルうってつけの場所だと思います!しかも自分の好きな時間にフットサルできるの、良いですよね♩

自分もより色んな個人フットサルに行けるように精進していきますので、一緒に少しずつレベルアップしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました