個人フットサルで必要な3つの動き(初心者用)

個人フットサルに参加したのはいいけど、組む人も初めましてだし、どう動いていいのか分からないことはありますよね。特に参加経験が浅い方はそういうことが多いと思います。

僕自身が経験したこと、また実際に一緒に参加をして動き方に困っていた人にお伝えした内容を紹介します。

①味方がボールを持ったら、ゴール前に走る

もうこれは文章の通り、味方がボールを持ったら、ひたすらゴールに向かって走る!です。

走るの目指す目標地点は、右利きなら相手ゴールの右バー側、左利きなら相手ゴールの左バー側です。

なぜキーパーの正面ではないかというと、動き的な意味は一旦置いておいて、ボールが来た時にボールのくる方向の外側の足の方が当てやすいからです。

やってみるとわかるのですが、自分の左側から転がってきたボールを

左足で蹴る、右足で蹴ると両方やると明らかに右足で蹴った方がやりやすいはずです。

味方側にボールが渡ったら一目散にゴールに向かって走ると相手にもプレッシャーが与えられますし、味方もあなたにマークが付いていなければパスを出してくれます。

パスが来たら、ゴールエリア内までドリブルをして、シュート!

※ゴールが近ければそのままシュート!

慣れてくると他の選択肢も生まれてきますが、まずは動きが分からない時は攻めはとにかく相手のゴールに向かって走るを意識してください。ボールを持ったらシュートを打ってくれる人と味方も思っているので、あなたにパスを回しやすくなります。

②相手がボールを持ったら、自分の動く範囲を決めること

これは範囲の決め方で難しくなってくるのですが、初めのうちは自分が一番近い相手がボールを持ったら相手とゴールの間に自分が割って入り、相手の進路を塞ぎましょう。

注意点は「不用意にボールを取りに行かないこと」です。

もちろんボールを取れればベストですが、ボールを取れずに交わされてしまうと他の味方がそれをカバーしにいきます。そうするとカバーしに行った味方がマークをしていた相手がフリーになってしまい、パスを出されシュートを打たれしまいます。

ボールを取ることも大事ですが、相手のボールをゴールに近づけさせないようにすることも同じぐらい重要です。さらに言えば、ボールを持った相手がゴールに向かってボールを運ばせないようにすることが今のあなたに課せられた役割です。ボールがゴールに向かわなければ、絶対に相手は点を取れません。横にパスを出したり、後ろに後退させたりすれば、それはあなたの勝ちです。

まずは相手がボールを持ったら、相手にボールを前に運ばせないように進路に立って塞ぎましょう。

またフットサルではもちろん自分以外に味方がいるので、自分がマークをしている相手がパスを出したら、そのパスを受け取った相手は他の味方に任せ、自分がマークをしている相手をそのままマークしましょう。ボールだけ追っていると自ずと相手方にフリーの選手が出てきてしまうので、簡単にパスを出されて、ゴールを狙われてしまいます。

ボールは深追いせず、一度マークした相手から目を話さないことを意識していきましょう。

③一番後ろにいる味方がボールを持っているときは、常に横パスを受けられるように動く

フットサルでは基本的な動きがあります。今日始めましての人たち同士で基本戦術がしっかりみんなが頭に入っているかと言われたら、それは微妙です。(僕自身も動きはまだまだ勉強中で頭にちゃんと入ってません)

そのため、必ずこの戦術だけ入れておけばいい!というのはないのですが、本当に最低限の動きとして必要なのは、自陣で一番後ろの味方がボールを持った時は必ず横でパスを受けられる人が1人はいるべきということです。

これは想像していただきたいのですが、自分の後ろにはゴールキーパーしかいなく、自分の前に4人相手がいて、4人の相手の向こう側にに自分の味方が3人ともいたら、どうしますか?

選択肢はドリブルで4人を抜く、ですが、どう考えても無茶すぎるのは容易に想像できると思います。

そんな時に自分と並行線上に味方が1人いたらどうでしょうか?ドリブルだけではなく、パスの選択肢も生まれてくるはずです。

もちろんこれで相手を突破できるとは限りませんが、少なくとも選択肢が増えることは想像できると思います。1人でドリブルで相手を抜かなきゃいけない状況は、ものすごいしんどいです。(ドリブルが苦手な僕は一番後ろでボールをもらって、この状況になってかなり絶望したことがあります…)

相手もドリブルしか選択肢がなければ、パスの警戒もする必要がないので、ディフェンスがしやすくなってしまいます。

味方を安心させるといった気持ちで、自陣でボールを持った一番後ろの味方が1人になりそうになったら、サイドでパスが受けられるように意識して動きましょう。

以上です。

今回は個人フットサルに出た際に、必要な動きを紹介させていただきました。

もちろん他の参加者の動き方で変わってくる部分はあると思いますが、今回の3つの動きは僕自身が個人フットサルに出る際は必ず意識していましたし、周りの人もこの動きは必ずやっていました。

どんな動きをしていいか迷う時は、今回の3つのことを意識して、個人フットサルにのぞみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました