フットサル初心者が身につけるべき技術「3選」

フットサルを始めるにあたって、どんな技術を身につければいいの?という疑問があると思います。

僕が30代からフットサルに真剣に取り組んだ時にこの技術をまず学ぶべきだ!と感じた技術を紹介していきます。

①トラップ

転がるボールを足下で止める技術です。

フットサルはパス回しで攻めていくのが基本のため、トラップができないと

パスされたボールを止められず、攻めることができません。

まずはトラップを身に付けましょう。

②パス

味方にボールを蹴って渡す技術です。

先ほどもお伝えした通り、フットサルはパス回しで攻めていくので、

狙った味方にパスができないと、攻めることができません。

正確なパスをできるようになりましょう。

③ボールをもらいにいく気持ち

ボールを持っている味方からパスをもらえる位置に動く気持ちです。

技術じゃないよ、という話になるかもしれませんが、ボールをもらいに行く気持ちを

持ち続けるのは立派な技術だと僕は思います。

自分がボールを持っているときに一番辛いのは、パスを出せる味方が見当たらなくなることです。

パスをもらう側からしたら、

「トラップをミスるかもしれない」「パスをもらっても自分がボールを取られてしまうかもしれない」

「失敗したら何か言われるかもしれない」

そんな不安な気持ちになることは当然あります。

でも考えてみてください。自分がボールを持っている時にパスを誰にも出せない状況は辛くないですか?そんな時にパスを出せる味方がいて、パスが出せれば安心しませんか?

味方のボールを持っている人も同じ気持ちのはずです。

もちろんボールをもらいに行って、自分が失敗する時もありますが、

僕の体験からすると、ボールをもらいに行こうとして失敗した時は、

割と「感謝」されます。

逆の立場で自分が追い詰められた時にパスをもらいに来て失敗した味方には

「感謝」しかないです。

感じ方は人それぞれかもしれませんが、自分がピンチの時に助けに来てくれない方が、

助けに来てくれて失敗するよりイライラしてしまう人の方が多いはずです。

ボールをもらえる位置に行こうとする気持ちを常に意識し続けるようにしましょう。

以上、フットサルに必要な技術「3選」でした。

最低限身につけておきたいことであると同時に、ずっと修練が必要なことです。

フットサルに参加する上で、何から練習すれば良いかわからない方は、ぜひこの記事で紹介した3つのことを身につける練習を始めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました